.

特定調停による処理も任意整理による解決と同じように、それぞれのお金の貸し手に債務の返済を継続していくことを前提とした債務を整理する選択なのです。仕事 辞めたい アフィリエイト

わかりやすくいうなら裁判所が関係する債務の整理となります。

特定調停による方法も任意整理による解決と同じく破産と違ってある部分だけの負債だけをまとめていくことができるため、他に保証人が関連する負債額を別として手続きしていく際や住宅ローン以外だけを検討したい場合などでも活用することも良いですし全ての財産を手放すことは求められませんので株式や住宅などの自分名義の財産を持っているものの、手放したくない場合などでも有力な選択肢になる借金整理の方法になります。

いっぽうで、後々の返済に必要な額と現実の収入をかんがみてだいたい返済が見通せる場合においては特定調停による手続きを進めることは問題ありませんが自己破産と異なり返済義務そのものが消えてしまうということではありませんので、借入金の合計が巨額な場合においては、実際に手続きを踏むのは困難であるということになります。

なお、この手順は公的機関が間に入ってくるので司法書士等にゆだねなくても不利になることはないということや解決のための費用を圧縮できるというポイントはあるのですが債権者からのきびしい取り立てに本人が対処していくことになる点とか実際に裁判所に何回か足を運ぶことが求められるなどといったデメリットもあります。

任意整理による方法との比較になりますが、最終段階でも同意に達しないときには求められている利息をそのまま付けた状態で支払っていく必要があるといった点や最終的には貸し手へ返済する合計が任意整理による処理よりも増える傾向があるという注意点もあります。