.

クレジットカードを店舗にて使用する際に、一度は思ったことがおありかと察しますが、担当者が未熟なためにどの紙を客へ渡せば良いのか迷っていることがあるかと思います。MVNOの通信速度について比較する

というのは、クレジットカードを処理すると機械の方から3枚の利用レシートが出力されるためであり、この明細のどれを客の方に差し出して良いのか迷いやすいというケースがあるのです。

3組綴りの明細の意味●3枚1組の紙の正体とはいかなるものなのかについての概要は、↓の通りです。

1利用者に渡す用の明細レシート。

2店舗で保管するレシート。

3クレジットカード会社控え用明細レシート(署名を書く紙)。

普通であればあたりまえのようにお客さんへ渡す用の明細レシートを受け取るのだがごくたまに、違う明細レシートの方をお客さんに渡すようなケースの他サインされた側の紙自体を渡すようななどというパターンもあるのです。

このパターンはパートの従業員などや通常カードというものが利用されることの少ない店頭の会計においてクレジットを利用する際、こういった店舗従業員の動揺を体験できることでしょう(笑)。

今後レジ担当者が間違った明細を提示してきた場合には怒らずに「これは違いますよ」と一言言ってあげてほしいものです。