.

通常、任意保険とは強制保険である自賠責保険とは別に自賠責保険だけでは補いきれない部分の補償を受けるとても大事な保険です。

これは任意保険に関しては自賠責保険の上級保険ということで有用なものですので自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を超えた場合に登場します。

さらに、自賠責保険には物に対する損害に対しては補償対象にならないので物的損害をまかなう時にはさらに任意保険にも加入しておく必要があります。

既に任意保険を支払っているマイカーを売却する時は国産車とか輸入車ということは関係なく残金が返ってきます。

これは国産車を処分するケースについても同様です。

自賠責保険は、基本的にはかけたままにしておくのが通例になっていますが任意保険の場合は誰でもかける保険ではないですから、中途解約をすることになります。

また任意保険を契約解除をすれば、現段階で 支払っている残っているお金が返ってくることになります。

中古車売買が決まったとしてもすぐに任意保険の契約を中途解約するというのはリスキーです。

もちろん、できるだけ早く契約解除してしまえばそれだけ還付される保険料は上がりますが、もし自動車専門店が離れた場所にあって、自分で運んで行くことになったケースでは任意保険に加入していない状態で自動車の運転をしなければなりません。

万が一のリスクに備えて、今後自ら車の運転をしないという状況になるまでは任意保険の契約の解約の手続きはすることのないようにしましょう。

自動車を処分してまたすぐに新たなクルマに乗り換えるケースであれば構わないと思いますが、もし車の運転をしないような状態が続き任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない時間があると前に加入していた時の任意保険の等級が下がり、保険料が増額されます。

こういった時では「中断証明書」という書類を出してもらうようにしなければなりません。

この「中断証明書」があれば、一定期間、中断前の等級を引き継いで加入することが可能です。

それから13ヶ月以内は発行依頼をすることが可能ですので、もしももう車を売却していて、「中断証明書」を発行されていない場合は、その保険会社や代理店にその旨をお伝えください。

もしも新たに自動車を買って買った後に以前保有していた愛車を廃車に出す場合は任意保険の加入はどちらか一方のみの契約になります。

保険の更新ということになるため運転をする予定の車だとしたら買取の際までこのことを頭に入れておかなければなりません。

また、任意保険の保険料は車の種類で料金がかなり異なってきますので、車買取のさいは任意保険の保険料を見直す良い機会といえます。